借りるときに注意する - お金に苦しみ続けているなら、まずは債務整理から始めよう

お金に苦しみ続けているなら、まずは債務整理から始めよう

借りるときに注意する


「借りるときに注意する」のイメージ画像

お金を借りる場合どんな方法で借りますか?
あなたがどこでどんな風にお金を借りるのか、その内容によって得したり損したりすることがあります。
つまりやり方次第で自分の首を絞めることになるので、もし債務整理をしなければいけない状態になりたくないなら、借りる際に十分注意してほしいと思います。

まずお金を借りるとき、最近多くの人が利用しているのが「カードローン」と呼ばれるものになります。
カードローンというのはキャッシングと異なる方法になり、非常に便利に利用できる借入方法です。

たとえばキャッシングというのは基本的に50万円までの小口融資となっており、借り入れたあとは翌月にすべて一括で返済するのが一般的です。
そのため借りたときの精神的プレッシャーはかなり大きいといえるでしょう。
よほどの支払い能力がなければ、キャッシングを上手に使いこなすのは難しいかもしれません。

しかし一方でカードローンの場合は、利用限度額の範囲内であれば繰り返し自由に借入することができます。
そしてカードローンの最大のメリットといえば、分割払いやリボ払いによって返済できるというところです。
つまり無理なく返済ができるので、借金に苦しむような状態になりにくいのが特徴です。

しかもカードローンの方がキャッシングよりも金利が低くなっているので、かなり精神衛生上いい選択肢だといえるでしょう。
ただしカードローンを使う際には審査に通らなければいけませんので、そこだけご了承ください。
審査は銀行系だと敷居が高くなってしまいますが、消費者金融だと比較的低くなっています。