任意整理と個人再生 - お金に苦しみ続けているなら、まずは債務整理から始めよう

お金に苦しみ続けているなら、まずは債務整理から始めよう

任意整理と個人再生


「任意整理と個人再生」のイメージ画像

自己破産以外の方法についても解説しておきたいと思います。

まず任意整理という方法についてですが、これは裁判所を使わずに貸金業者と返済方法やその金額を交渉し、互いに合意した際に分割で借金を無理なく返済することができる方法になります。

つまり任意整理をすれば、単純に借金が減額できるようになるということです。
実は債務整理の方法として、現在もっとも推奨されている方法になります。

ただ任意整理についてはできる人とできない人がいます。
条件としては「長期的に返済を続けている人」です。
そしてもうひとつが「平成22年より前から返済を続けている人」になります。
この2点に当てはまる人は、すぐに任意整理を始めることができます。

もし任意整理が難しい場合は、個人再生という方法を検討していきましょう。
個人再生は任意整理で引き直し計算をした金額が3年間で払えない場合、裁判所を通じて3年間かけて払える金額に減額することができる方法となります。
ちなみに自己破産の場合はあなたの資産がマイホームなどすべて処分されますが、個人再生の場合は資産を手放す必要がないのでかなりメリットは大きいと思います。

実は弁護士の中には任意整理ができない場合、自己破産を勧める人がいたりします。
そのため多くの人が勧められるように自己破産に手を出してしまいますが、任意整理と自己破産との間には個人再生という債務整理の方法もあるのでこれは絶対に検討してみるべきだと断言します。
できることならあなたも自分の大事な資産を手放したくないと思いますので、あくまでも自己破産は本当に何もできなくなってしまった最終手段として残しておいてください。